昔ぼくはB'zのビデオを何本か所持していて、その中のですね、多分IN THE LIFEとかあの辺りのビデオだったと思うんですけど、明石昌夫さん(大阪出身)が海老天丼の大阪でのイントネーションを仕切りに連呼していたのを、今でも海老天丼見るたびに思い出します。
「え」と「て」にアクセントがくるやつ。


そういうわけで、K組さんにもらった伸ばし海老がすごい立派な大きさだったので海老天にしました。

image

茄子天と海苔天をそえて。

ぼくはですね、揚げ物すると前半のやつは失敗するという持病がありまして。
今日の天ぷらも、前半の海老はなかなかうまく花が咲かなくて、でも後半のやつはすごいカラッと揚がってきれいに花も咲いて、でも揚げたてできれいで美味しいやつは全部おださん用にしたので(夫を大切にしていてえらい)自分用の↑の写真のやつはそんなに美味しそうじゃない。
でも海老はすごいプリプリで美味しかったです。

伸ばし海老って何だよって思ってたんですけど、背ワタの処理も切れ目入れるのも全部終わってる状態のやつってことでした。
これは素晴らしい。朝冷蔵庫に移しておいたら、夜すぐに調理に取りかかれる。
ぼくは海老の背ワタを一発でスルッと取れないという持病も抱えているので、これはとても助かりますね。

ジャンボ伸ばしエビ【6Lサイズ】10尾入り
価格:2999円(税込、送料別)



よし、ステマはこれくらいでいいだろう。






ほんで、海老天余ったので天むすも作りました。

image

天むすって名古屋めしだと思われがちですけど、実は三重県の天ぷら屋さんが発祥の地なんですよね。
名古屋の大須に、元祖のお店から暖簾分けされた天むすのお店があって、多分そのせいで名古屋めしっぽくなってしまったみたいな話を聞いたことがあります。
ちなみにそこのお店の天むすは食べたことがありません。
何故なら大須ではもっと他に優先して食べ歩きしたいお店があって、天むすなどを食べている場合ではないからです。


天むすは素人が作ってもどんな適当に作っても美味しいところが素晴らしい。
ただし海苔をたすき掛けにせずしかっと巻いてる天むすだけは許すことができない。



ていうかすごいの見つけてしまった。
給料日後の天むす
こうゆう馬鹿なやつだいすき。




抜歯したとこの穴に米が詰まるのがものすごく不愉快です。
正露丸とか詰めときたい。
無臭の正露丸ないかなー。